仕事のお客さんと飲んだりすると、左手薬指に指輪ないことつっこまれるよねー。
こっちが何も言ってないうちに、いろいろ大変だと思うけど・・・とか言われてしまうよね。
まあもうほとんど ”いろいろ” は終わったんですけどね、と心の中で返すよ。
こころがささくれてるときは、「うぜえ。」と思ってしまうこともあるけれど、基本的に優しさからでてくるものだよね。
そこでさらに、人生とはなんちゃらだから!というかんじで励まされるとさすがにイラっとするけどね。

最近、人の言葉はなるべくポジティブに受け止めようと思うの。真夏に買ったZARAのネイビーのショートダウンコートも、「ドカジャン(土方の人が着る作業着)みたいでカッコイイ。」って言われても、喜ぼうと思うの。
こう言われて傷ついた、ああ言われて傷ついた、なんて言ってるうちは、、自分をしあわせにできていない=人にもやさしくできない。気にしない、ということを身に着けることは、周りの人への配慮だ。
人に、めんどくさいなあ、と思わせたくない。わたしは、さわやかな、大人になりたい。

そして、、、、
人に、心配をかけたくない。

というのも、、、
こないだ、私と同じような境遇の(さらに私と違って社会的に乗り越えてるけど)、賢くて明るくて気持ちいい女の子たちと昼から楽しく飲んでいた時に、そうそう、そういえばね、と私の近況をふと話していたら、人にとってはほんとうにどうでもいいような、たわいもなーい近況だったのに、一人の女の子の目がうっすら透明になってきて、気のせいかきらきらしてきて、あれと思って話し続けていたら、ついには赤みをおびてきたので、どーしたのかなあ?と思ったら、「よかったー。なんか安心したー。」と言ってその子は泣いてた。
数年間、その子はわたしになんの説教もしなかったし、上からのアドバイスもしなかったし、いつもいつもニコニコうんうん、と話を聞いてくれたりときにはユーモアあふれる独自のかぶせネタをかましてくれていたから、まさかそんなに心配してもらっているとは、つゆほども思わなかった。
わたしは子どもだった。その子は、ずっと前から、大人だった。
ごめんなさい。心配かけて。

何をしてもいいけど。自分の人生だから。けれど、自分の周りのやさしいやさしい人たちに、心配をかけたらだめだな。

心配しないで!とかみついてきた人たち、ごめんなさい・・・もう遅いけど・・・
これからは感謝の気持ちでお返ししていくと決めました。

と、正しい善悪をわきまえたような反省をしたようにみせかけて、私はただ単純に、指輪を気にした仕事のお客さんも、泣いてた子のことも、ドカじゃんみたいだね。と言った人のことも、すきな人なだけだと思います。ちゃんちゃん。
 

 

 

スナフキンの名言は人気があるよね。
昨日はこれに頭がガツンとヤラレてしまった・・・しまったのだよ。

”自由が幸せとは限らない”

あっらーー、そ、そそ、そうだよね、、、。と思わざるを得ませんでした。たしかに。たしかに!
結婚していなかったころ、わたしは自由だとは思わなかった。たぶん。自由かどうか?ということについて考えをめぐらせることはなかった。とにかく、不満で、焦燥感でいっぱいだった。
結婚をしてしばらく経ったら、とにかく不自由になった。それは子供を持ったことで生じたことがとてつもなく大きかった。私の体は1分も、10秒も自由にならなかったように今では思う。何年も何年もかけて、娘は成長した。それにつれて、何年も何年もかけて不自由は少しずつ、うすまっていった。気が遠くなるほど長かったようにも思うし、その過程で、その途中で、「諦める」ということを私が覚えたのかもしれなかった。
離婚したら、私は自由になった。とてつもなく。しばらく経済的制約からは免れなかったけれど。自由になって3年半が過ぎた。自由はやめられない。今日、明日、家事の何をしても何もしなくてもどっちでもいい、来月何を買っても買わなくてもいい、これからの長ーい先のことを考えても、特筆すべき制約はそんなにない、どこに住んでもいい、、、やめられない。自由はすてきだ。すばらしい。これからもずっと自由でいたい。のびのび生きたい。娘を育てるまでの責任さえとれれば、わたしはいずれどこでのたれ死んだとしても、自由だ。・・・そう思うことの恍惚感たら。

でも。
自由が幸せとは限らない。

ってスナフキンに言われちゃったらね。その通りだとしか思えなかった。
むすめがいて、私は不自由を手に入れたと同時に、それまで知らなかった幸せも手に入れた。これからも今まで知らなかったしあわせを手に入れられ続けることを、知っている。
なにより、むすめのために不自由でいること自体が、幸せでもある。娘のために自分にかかる制約を、私は愛している。私は自分がいとおしいと思う人のために、不自由になりたい。そう思っていることを知った。

自分のいとおしいと思う相手のために、わたしは不自由になりたい。
それって、まさに、「=結婚すること」と言えるよね。

うーん、スナフキン!





 




 

友人や、先輩(「人生の」、とでもいうべき50代~70代)のひとたちと食事や飲みでお会いすると、必ずや最後の1時間は、
「結婚しなさい。」
になります。これから忘年会もあるし、ますます増えるんだろうなあー。
そんなとき、わたしは、
「結婚て、なにがいいですか?」
「結婚てなんですか?」

と聞きます。興味津々!帰ってくる言葉で、結婚の感じ方の男女差、個人差、が、もう生き生きと現れます。
自分が結婚してたらさ、結婚を否定はしないよね、あんまり。自分自身の身分を否定しながら、疑問を持ちながら生きていくのはつらいし、あえて否定する条件もないなら、結婚=いいもの。いいもの。=若い衆にすすめる。ってなるよね。

まあだいたいは結婚のメリットをあげつらわれるのだけど、だいたいは以下の点。
・あなたは収入も少ないんだから、これからヘグちゃんにもお金がかかるし一人じゃむりだよ。
・何かあったときに、(隕石が落ちてくるとか思いがけないことが起こった時に隕石爆発のボタンをリスクを負って押す人、要するに私のために)リスクを負って守ってくれる人が必要だ。
・ヘグちゃんにはパパが必要だ。

くらいかなあ。こう見ると、あくまでも結婚のメリットってすごく個人的だと思う。
まず、稼げる人は一つ条件が減る。次に、守ってもらわなくていい、人生で何かが起きて、最悪くたばったらそれも人生だ、と思う人はまた一つ減る。最後に、子どもが元旦那と仲がよく、戸籍上は家族ではないけど精神的なパパが居るなら、最後もなくなる。

つまり、「結婚」したい人、がいるから結婚したい。以外に、あんまり結婚の理由がなくなっちゃうのだ。
収入を指摘した先輩ほどの額じゃないけど、私くらいの年収だったら、妻と子供二人位養ってる男子なんてざらにいるだろう、というくらいの額なんです。その男子を思うと、私の場合は、養う分は子ども一人だけで、大してまっとうな理由にならなくなっちゃう。

死亡保障の保険だけ、入っておこうかな。というくらいのリスクヘッジしか思いつかない。

「結婚」したい、と思えるくらいのいい人はいるかも。でも今は時期相応じゃないかも。
「結婚したい」と確信するまで、準備ができるまで、自分たちをもっとゆっくり見てもいいかも。
そのときに出産適齢期が過ぎてしまったとしても、仕方ないかも。
そのときにその人と別れちゃったとしても、仕方ないかも。(もっといい男がいるという話になる。)
もし今私に1000万くらいの貯金があって、住居も持ってたら、出産優先で考えて離婚リスクを負って、結婚するかも。
でもそんなもの全然ないから、今はしない。当分。

昨日お会いした先輩はね、冒頭のわたしの疑問に答えて、結婚は
男性(70歳半ば)「いとおしい存在。相手を面倒みてあげなきゃと思ってしまうもの」
女性(60歳半ば)「一人になりたい。11時まで寝坊してコーヒーをゆっくり飲みたい」(普段は朝食は7時と365日決まってるらしい)

とのことでした。いとおしい。しびれるねー。70歳になったら言われたい。




 

持ってます。おすすめ。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

participant!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • こんなとき誰かいてくれればいいのに。
    sae
  • 寝食を忘れる人
    sayako
  • こんなとき誰かいてくれればいいのに。
    sayako
  • 寝食を忘れる人
    sae
  • 寝食を忘れる人
    sae
  • 寝食を忘れる人
    sayako
  • 寝食を忘れる人
    Kite
  • なんとか腹くくる
    sae
  • なんとか腹くくる
    kiri
  • 与えすぎないということとは
    sae

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM